研究紹介

研究情報の公開について(オプトアウト)

<研究情報公開について(オプトアウト)>

通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施をします。臨床研究のうち、患者さまへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用い研究等については、国が定めた指針に基づき「対象となる患者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はありません」が、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要とされております。このような手法を「オプトアウト」と言います。オプトアウトを用いた臨床研究は下記の通りです。なお、研究への協力を希望されない場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください

 

<当科で実施のオプトアウトを用いた臨床研究>

1.日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical DatabaseJND

2. 脳卒中急性期診療支援システムによる来院-治療開始時間の短縮効果に関する多施設共同前向き観察研究

3.硬膜動静脈瘻に対するOnyx液体塞栓システムを用いた経動脈塞栓術に関する多施設共同登録研究

4.テント部硬膜動静脈瘻の部位による血管構築と塞栓術の治療成績の検討:多施設共同研究

5.くも膜下出血発症後のCT perfusion 評価を加えた予後予測-治療法選択基準の開発

6. 日本国内の脳神経血管内治療に関する登録研究4( Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy 4 (JR-NET4))

7. 脳血管内治療における抗血小板薬療法の効果と安全性に関する多施設共同登録研究

8. FlowDiverterを用いた脳動脈瘤治療の効果と安全性に関する多施設共同登録研究 (FLOWER Japan)

9. 頭蓋頚椎移行部動静脈シャントの血管解剖と治療成績の解明

10. VertebroBasilar Dolichoectasia の自然歴および外科的治療の成績に関する多施設共同登録研究

11. 発症時刻不明脳梗塞に対する静注血栓溶解療法の多施設共同観察研究

12.胎児型内頚動脈-後交通動脈分岐部動脈瘤に対する新しい治療法(λ stenting)の有効性および安全性の検討

13.機械的血栓回収療法で回収された血栓の病理学的検討

14.当院における新型コロナウイルス感染症に関連した脳卒中の後方視的検討

15.脳卒中急性期診療に医療業務タスク管理システムを導入することによる診療効率に与える影響に関する多施設共同前向き観察研究

16.血栓吸引カテーテルを用いた機械的血栓回収療法の効果と安全性に関する多施設共同登録研究

17.動脈硬化性の急性頭蓋内主幹動脈閉塞に対する血管内治療に関する後ろ向き登録調査

18.急性期脳梗塞に対する機械的血栓回収療法の当院での治療成績の検討

19.脳卒中の急性期診療提供体制の変革に係る実態把握及び有効性等の検証のための研究

20.血栓吸引カテーテルを用いた機械的血栓回収療法の効果と安全性に関する多施設共同登録研究

21.院内発症脳梗塞に対する治療時間短縮に関する研究

22.FREDの有効性及び安全性に関する研究

 

<藤田医科大学 研究についての情報公開文書>

藤田医科大学の倫理審査委員会等で審査を行い承認された研究のうち、個別同意を取得していない、蓄積されたデータを用いて行われるような研究について、「情報公開文書」を公開しています。

人を対象とする医学系研究に関する情報公開